ホームページ制作無料 ネオシステム
ホームページ制作無料 ホームページ無料制作 SEO、SEMご相談受付。
ホームページ制作無料 ネオシステム トップ サイトマップ お問合わせ
会社概要 サービス案内 レンタルサーバー ホームページサンプル 制作の流れ 申込み書作成
 
代表メッセージ
事業案内
お問合わせ
プライバシーポリシー
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
 
■ VIPホームページ制作

ホームページは会社の看板、会社案内、展示場です。
文字だけのセンスの無いホームページは分かり易いですか?
分かり易く、センスの有るホームページを作る事は簡単ではありません。当社にお任せください。
無料でもサンプル程度は制作できます。
★VIPコース
●当社の精力を結集して最高傑作を制作します。●
SEO.SEM などトータル的にサポートいたします。
制作料金はよそ様よりは若干お安い程度です。
分からない方はメール、お電話ください。担当がお答えします。
E-mail neo@neosystem1.com TEL.048-224-2222

◇Flashが標準クライアントになる日
Webブラウザがひところもてはやされたような「万能クライアント」でなかったことはご承知だろう。すでにあちこちで指摘されている通り,素のままのWebブラウザをシステムのクライアントとして利用したシステムは,使い勝手の悪いユーザー・インタフェースに悩まされることが多い。この問題はさほど目新しいものではない。Webブラウザの次にくるであろうクライアントの形が見え始め,実際にそのようなシステムが作られるようにもなってきている。それは「リッチ・クライアント」という考え方である。
これらのリッチ・クライアント技術はどれも一長一短あり,ポストHTMLといえるほどの決定打になるものがないと筆者は考えていた。HTMLほどの手軽さがないのが決定的な理由だ。ポストHTMLとなるからには,コンシューマの手を直接わずらわすことなく実行環境が行き渡る必要がある。それを踏まえて考えると,どのコンピュータにもあらかじめ実行環境が入っていて,なおかつビデオや画像などの様々なデータを組み合わせたユーザー・インタフェースを簡単に構築できるのは今のところHTMLとFlashくらいしかない。
ところが,そのFlashは開発スタイルがプログラマの観点からすると独特である。Flashの機能を駆使した素晴らしいコンテンツを持ったWebサイトは数多い。しかし,それはプログラマというよりはクリエータの仕事の結果に見えるものがほとんどだ。Flashコンテンツの開発ツールはMacromediaのFlash MX以外にもサード・パーティ製品が出ているが,クリエータ向けに作られたものがほとんどだ。そのようなツールをプログラマが使うのには,油絵の具で出納帳を作るような居心地の悪さがある。
もっともMacromediaもそんなことは先刻承知だったようで,面白い製品の開発を進めていた。Royaleという開発コードで呼ばれていた「Macromedia Flex」である。HTMLのようなマークアップ言語でFlashコンテンツを作れるようになる・・・

 
mail : neo@neosystem1.com
Copyright (c) 2004 neosystem1, All rights reserved